12-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>02-

イタリアで、捨てられた犬が行くところ

2010.01.08 (Fri)

こんばんは!

今朝、とん太と散歩していたら、こんな張り紙を発見しました。

はりがみ

内容は、大まかに言うと、「12月25日に雑種の子犬を見つけました。迷子札や、マイクロチップは装着していない模様。もし心当りの方は、子犬は、近くの犬飼育所(Canileカーニレ)に保護されています。」で、犬飼育所の住所と、マップがついていました。

犬飼育所というのは、犬避難所というか、拾われた犬が行くところ。ボランティアの人が、エサを届けたりしていて、犬を飼いたい人は、そこから犬をもらってきたりします。たまに、ペット屋さんや、スーパーでも、カーニレに届けるエサの寄付を募集してたりします。

この張り紙を見たとき、「日本だったら、即、保健所に連れて行かれちゃうんだろうな」と思いました。身寄りのない犬や猫を保護している場所、というのでは同じですが、一番の違いは、保健所にいる犬は、処分されてしまう運命にあるというところ。日本には、イタリアにある、カーニレのように、犬飼育所というか避難所は、ないのでしょうか?

と疑問が沸いてきました。

大学生の頃、犬を外で飼っていたのですが、よく逃げ出していました。雑種で、つないであったのだけど、頭が小さくて、首が太かったから、首輪もすぐ抜けて、竹の柵も飛び越え、抜群のジャンプ力で逃げ出していた。よっぽど家出がしたかったみたい。

1度も自分でうちに戻ったことはなく、それに、かじる犬だったんで、かわいいから、家に連れてきて、可愛がってエサも食べたのに、いきなりかんだ、みたいな感じで、結局最後は、保健所に送られてしまい・・・で、母は 確か3回ほど、保健所に探しに行って、必ず危険犬って書かれた小屋の中に入れられていたらしいのですが、そこから、連れて帰って来ていました。

迷い犬だって、家犬だって、同じ犬たちなのだし、私たちは、犬を可愛がっているけど、自分の家の犬はかわいがるけど、迷子のよそ犬は、保健所で処分されるのを、知っているのだけど気にしないっていうのは、(自分も含めて)どうなんだろう、と思いました。

イタリアで、ボランティアで動いてるんだったら、日本でも、できるのではないでしょうか。日本は場所代が高いっていっても、イタリアだってけっこう高いのだし・・・。

などなど、考えさせられた、朝のお散歩でした~

いひ

はい、顔が汚れてます>< 顔が汚れてたって、「犬は平等だよ」って言ってるところ。かな?



BUONA GIORNATA!Grazie!

ご訪問ありがとうございます!

にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアプードルへ
にほんブログ村  ランキング参加しています。ポチしてくださると、嬉しいです~^^





09:15  |  Italy  |  Trackback(0)  |  Comment(4)
 | HOME |