04-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>06-

ミニチュアだってプードルです!

2010.05.12 (Wed)

こんにちは~!すっかり春らしくなったと思ったら、天気悪いです。

予防注射ですが、結局してきました。狂犬病のです。11月に一種、4月に違う一種類の注射をすることになっていて、その11月のは狂犬病のだったみたいですが、それをまずやって、次回に4月分を、ということになりました。つまり、全体的に半年ずらすっていう感じでしょうか。

注射っていうのは、けっこう犬の体に負担になるものだ、っていうのを、今回、初めて知りました。ブロともの(勝手にブロともって言っちゃってますが^^)Richyさんからの情報で、予防注射が犬にとって危険でもある、とアメリカでは、犬の予防注射を1年に1回でなくて、減らす動きになっているとか、日本でもそういう動物病院が増えているとか。全然知りませんでした。

イタリアではまだそういう風潮は全く来ていません。話してみたのですが、人でも、薬なしで精神だけで治す、みたいなスピリチュアリズムが最近流行っているので、そういった動きのひとつだろう、でも注射は必要だ、ということでした。

狂犬病とかは、実際恐い病気だし、注射をあまりしない方がいいから、ということでまた狂犬病が戻ってきたりするようなことになったらそれは恐ろしいことですが

犬の体に負担だっていうのも実際本当のようだし、期間の決定については、病院側に従うしかないので、1年に1回でなくてもいい、というのが確かなら、少ないに越したことはないですが・・・・・

知り合いで、予防注射の後にアレルギー反応で、ワンちゃんが危なかった、っていう話も聞きました。注射の後は、安静にさせて、観察した方がいいのですね。

とん太も、注射の後は、走らせたりしないように気をつけました。「遊ぼう!」と誘って来ましたが、だめだよ、って。
ん
「僕はプードルだよ 文句あるかい」 

まー いわゆるプードルに見えないと言われれば、確かに(

ところで毛切りですが、注射の後、1日おいて、次の日に予約を取っていたのですが、結局キャンセルしてしまいました。なぜかというと、今回は、家が近いという理由だけで、近所のシニョーラに紹介された、歩いていける初めて行く美容院に行ってみたのですが、

まず、予約が私は2時だったと思ったのに、行ったら、4時だ、と言われて、まあそれは言葉の行き違いかもしれないので、仕方ないのですが、シニョーラは、とん太を見たとたん、怒った感じで、「なによ、これは、プードルじゃないわ!」と叫ぶんです。

やっぱりこんなに毛を切ってなかったから、プードルに見えないんだな・・

「プードルだって、あなたは言ったじゃないの」と言うので、「・・プードルですけど!」と言ったのですが、

「これ、トーイじゃないわ」

プードルにしては、大きすぎる、ということでした。ちゃんと予約の時、ミニチュアプードル(イタリア語では、バルボンチーノ・ナーノ)って言ったはずだけど?

お店はそのシニョーラがひとりでやっているらしく、とにかく、あまり優しそうな感じではなかったため、一度家に引き返したものの、4時に戻る気を失くし、
その上、家に戻る途中に大雨降り出すわ、雷鳴るわ・・で、面倒になり、キャンセル電話を入れてしまいました。また寒くなっちゃったし、まあ、ちょうどよかったかな。毛切りはとん太はけっこうストレス溜めるので、注射の次の次の日だったから、まだ負担になってたかもしれないし。

というわけで、新しい所には戻らずに、シニョーラには悪いけど、やっぱり遠くても、いつも行っていたところに予約入れました。やっぱり安心なので。

ところで、知り合いで、最近とん太を見かけた人が、とん太のことを、「モーチョ ヴィレーダみたい!」と言っていたそうで、

モーチョ ヴィレーダ?って何のことか分からず、なんだか音が、スターウオーズのダースベーダじゃないけど、怪物みたいなイメージが浮かんだのですが、、そうではなくて、なんと

「モップ」のことでした。あん・・・・(泣) 有名なモップの名前みたいです。もちろん使い古しのかなっ 
やっぱりプードルに見えないっていうことかあ。なので、とりあえず、早く毛を切りには連れて行かなくっちゃ。

ん
(道の掃除中ではありません・・・)

読んでいただいてありがとうございました!グラッツィエ!

にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアプードルへ
にほんブログ村  ランキングに参加しています。応援お願いします^^!

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村  





07:11  |  Category: None  |  Trackback(0)  |  Comment(2)
 | HOME |