03-<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930>>05-

おしっこをタイヤにかけたら・・罰金300ユーロ!

2010.05.27 (Thu)

こんにちは!お天気良好ですっ。日本もそうなのでしょうか。

fuku3 グーグー
とん太は爆睡中・・ 切ったばかりの毛が既に伸び始めてます。恐るべし毛の伸び力。


私の連れて行っている犬の美容院では、犬の毛を切る所に飼い主がいると、犬の気が散るから、ということで、飼い主はその場にいてはいけないことになっています。家から少し遠いので、1時間~2時間くらい、カフェに行ったり、お店を見たりして、周りをぶらぶらしています。以前行っていた美容院は、立ち入り禁止どころか、ひとりでやっているところで、人手不足のためか、切るのを手伝わされたりもしたので、(汗)お店によって、決まりはいろいろと違うみたいですが。

ところで。トリエステで、犬が自動車やバイクのタイヤにおしっこをひっかけたら、最高で罰金300ユーロという法ができたそうです。300ユーロだと、日本円にして、3万4千円くらい。他にも、お店のウィンドウや、家の玄関や、ベンチ、植木鉢などにかけても、罰金50~300ユーロだということ。

それにしても、ユーロが安くなりました。日本円が安すぎた感があったから、ちょうどいいのではないかと思います。どう考えても、日本円に換算して、1ユーロが100円くらいが物の値段とかと比べて妥当な気がしていたので。シャンプー1本250mlが、約500円ってどう考えても高かった。

話がそれましたがいや、でもイタリアでは、自動車のタイヤやバイクのタイヤにおしっこひっかけさせてる飼い主、すごく多いです。

普通に、おばあちゃんとかでも、ひとつも気にせず、犬にやらせてたりします。

トリエステでは、以前は、飼い主は犬の散歩をするときは、水のボトルを持ち歩くように、という法があったそうで、それで、おしっこをさせた後、流してきれいにするように、ということだったらしい ですが、
飼い主さんもボトルを持ち歩くのはたいへんで、誰も従わなかったため、今回の罰金制に結局なったそうです。

ボトル持っていればどこにしてもいい、っていうのも、なかなか面白いけどっ。

他には、フンを処理するための、ビニール袋、ちりとりなどを持っていない飼い主は、100~600ユーロの罰金、フンを取らないのが見つけられた場合の罰金は、250~1500ユーロの罰金だそうです。ビニール袋は持っているけど、ちりとりは持ち歩かないな-。値段に大きな開きがあるのは、なぜなのか?分かりませんが。

それから、狂犬病予防注射をしていない犬の罰金は400ユーロで、近々、取り調べが入るそうです。どうやって調べるのだろうか?道で警官に質問されるのかな?

この法律、イタリア中にも広まるのかしら?

では

よい一日を!
ブオナジョルナータ!

にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアプードルへ
にほんブログ村  ランキングに参加しています。応援お願いします^^!

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村  




06:54  |  Category: None  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

Comments:を投稿する

Url
Comment
Pass  編集・Deleteするのに必要
Secret  管理者だけにComments:を表示  (非公開Comments:投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のTrackbacks URL

→http://italiasalamander.blog128.fc2.com/tb.php/62-b32564f1

Use trackback on this entry.

この記事へのTrackbacks:

▲PageTop

 | HOME |